ヒートスリム42℃を使用した人の中に副作用を含む被害がでたという情報があります。
今回は実際の被害の有無についてできる限り調べてみましたので、お伝えします。

・ヒートスリム42℃によるかぶれや肌荒れ
ヒートスリム42℃を使用した人のほんの一部の人がかぶれや肌荒れをしてしまったケースはあるようです。ただ、発生件数が非常に少ないですし重篤な症状の発生報告がないことから、ほとんどの方は安心して使用できると考えられます。

・低温やけど
ヒートスリム42℃は温かさを感じることができることからカイロと同様に低温やけどをしてしまうことがあるのでは?と思う人もいるのではないのでしょうか。
しかし、カイロと構造は異なり、外部からの熱を通じて体を温かくするものではありませんので、低温やけどを引き起こす可能性は低いと考えています。

今回はヒートスリム42℃を使用するにあたって知っておきたい副作用を含む被害の実態として報告されている肌荒れや皮膚のかぶれ、そして多くの方が懸念している低温やけどを取り上げてお話しました。
ヒートスリム42℃は安全性がしっかりと担保されている商品ですので、お肌が極端に弱い方でない限り安心して使用できます。

 

使用後にトラブルが起きた時に覚えておきたい使い方

先ほどはヒートスリム42℃を実際に使用したユーザーの被害の実態などについて取り上げ、そういった事例はあるものの、皮膚が極端に弱い人でない限り、安心して使用できる旨お話しました。
ここでは、もし実際に異変を感じた際にどのような対処をするべきかなどについてみていきます。

・皮膚のかぶれや肌荒れの場合の対処法
また、もしも皮膚のかぶれや肌荒れの症状が出てしまった場合には使用を中断し、その後どのような状態になるのかを観察しましょう。
それに加えて消炎効果や保湿効果の高いボディークリームを塗ることで症状が改善する場合もあります。
使用を中止したりボディークリームを塗っても一向に症状が改善しない場合や心配な場合には医師の診察を受けましょう。

・皮膚のかぶれや肌荒れを起こさないために
皮膚のかぶれや肌荒れを未然に防ぐために押さえておきたい注意点があります。
ひとつめは8時間の推奨時間を守ることです。
長時間使用した場合、通常時と比較して皮膚呼吸がうまくいかなかったり、皮膚を保護するという観点から推奨時間を守りましょう。
そしてふたつめはヒートスリム42℃を清潔な肌に貼ることです。
皮膚に存在する雑菌が繁殖してしまうと肌トラブルの原因となってしまうことから、ヒートスリム42℃を貼る前に汗をしっかりと拭き取るなど清潔な状態にしましょう。

ヒートスリム42℃の使い方を画像で紹介!